photo ©Hidehiko Mizuno

さくら音楽週間2017テーマ曲

「樹と鳥のファンタジア」


作曲者 鈴木  理さんからのメッセージ


「樹と鳥のファンタジア」は、樹や鳥といった小さな命があつまり、語り合うことで、やがて大きな森のざわめきへと広がっていく壮大なテーマの幻想曲です。


さくらホールの暖かみのある響き、ウッディな内観、「さくら」という名称、そういったイメージから今回の作曲をスタートしましたので、さくら音楽週間のテーマ曲に選んでいただけて大変うれしく思っております。


また本楽曲は、電子音や先鋭的なテクノロジーをを使用することでクラシック音楽の新しい形を探求しています。

ぜひ、新しい音楽美を楽しんで頂けたらと思います。


鈴 木     




 











2016年12月29日さくらホールにて開催された 東京藝術大学2年生有志による「年忘れコンサート」にて新作発表があり、録音されました


演 奏     上田実季 pf.  大光嘉理人 vn.  辻 奈々子 vla.  柴山真太郎 vc.


https://tmblr.co/ZV6hDf2GjzY3w


2016年12月29日さくらホールにて開催された 東京藝術大学2年生有志による「年忘れコンサート」にて新作発表があり、録音されました






2017年4月8日さくら音楽週間のトリオdeブランチさんによるカジュアルクラシックコンサートの中で、テーマ曲が演奏されました。当日の演奏は作曲者鈴木理さんのサイトからおお聴きいただけます


トリオdeブランチ による「樹と鳥のファンタジア」矢口十詩子 Vn. 山本直人 Ob.  石川ひとみ Pf.












会場に掲載されていたポスター






 

鈴木  (すずきさとし)プロフィール

愛知県愛西市出身。私立東海高校卒業。東京大学文学部美学芸術学研究室にて美学、音楽史を中心に学ぶ。

卒業後、作曲を小鍛冶邦隆、照屋正樹の各氏に師事。

現在東京藝術大学作曲科2年生在学中